ニュース・お知らせ

第64回日本アレルギー学会学術大会 市民公開講座のお知らせ

2015年04月20日

テーマ:「アレルギー診療のウソとホント」
日 時:2015年5月28日(木曜日)15時35分~17時(15時受付開始予定)
会 場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール1階「暁光」
定 員:先着200名
参加費:無料

 吸入ステロイド薬などの薬剤の登場とそれらを発作予防のために長期間使用するように推奨したガイドラインの普及により気管支ぜんそくの治療成績は最近20年間で著しく向上しました。しかし、アレルギー疾患は多彩でそれぞれガイドラインの方針も異なります。
 また、アレルギー専門医は3000人程度なので4000万人のアレルギー疾患患者全員を直接治療することはできません。この市民公開講座では、アレルギー疾患の中でまだ、ガイドラインが十分普及せず、調査の結果、インターネットなどにあふれる根拠のない間違った情報のため、治療方針の混乱が多くみられた食物アレルギーなどの疾患の診療の問題点をとりあげ、市民の皆さまに正しい情報を提供することにしました。
 わかりやすく最新の診療方針をお話いたしますので、一般市民や患者の方のみならず、アレルギー診療が専門ではない先生方にも有益な講演会になると思います。
皆様のご来場をお待ちしております。

第64回日本アレルギー学会学術大会
会長 斎藤博久



※詳しくはこちら
第64回日本アレルギー学会学術大会市民公開講座

アナフィラキシー啓発サイト 日本アレルギー協会